2022年もあとわずか、師走に入ってからは肌を撫でる風が、容赦なく体温を奪っていくようになってまいりました。

こたつや布団が恋しくなる季節です──


さて、現在は国試当日まであと10週を切ろうとしていますが、我らが国試塾ネクストステージは、2月初旬に一般参加可能の特別講座を開催することを決定しました。

名付けて、『国試直前集中講座』。


そのまんまのネーミングですが、ここで奇をてらっても意味がありません。


開催予定日は2月4日、5日。


国家試験2週間前の大詰めともいえるこの土日に、もちろんただの座学はいたしません。
出題者の意図の汲み取り方、引っかかりやすい罠の回避方法などの、より実践的な内容となっています。

「後悔のないように、できることはすべてやっておきたい!!」

そう考えているあなたは、まだ残る伸びしろを解放するために、最後の投資をしてみませんか?
──気がつけばカレンダーは今年最後の頁に突入し、今年の残りがあとわずかであることを自覚する今日この頃です。
街に出ても、心なしか人々の動きが慌ただしさを増し、今が師走であることを実際に感じ取れる気がしませんか?

そして来年の受験生は、そんなポエミーな感慨に浸る暇もなく、ただただ国試まであと80日を切っているという、冷徹なまでの現実を直視するのみです。

皆さんは、1週間後、2週間後、1ヶ月後の目標を具体的に打ち立て、粛々と達成していってますか?

この分野が苦手でチンプンカンプン──
ここ覚えるの面倒だから後回しにしよう──

いまだにそんなことを言っている人がいれば、その人はもう再来年の合格に舵を切り替えた方がいいかもしれません。

苦手なのも面倒なのも、それはあなたの都合です。

国家試験で求められるのは、結果である以上、そのような個々の都合などは斟酌してくれません。

大切なのはあなたが一番嫌だと思っている作業を、今日から目を逸らさずに少しずつでも向き合うことなんです。

なにも一生嫌なことをやり続けなければいけないというわけではありません。

確実にやってくる国試当日に自分の持てる全てを吐き出せればいいのです。

こんなことなら、もっとやっておけば良かった──

そんな後悔をしないためにも、時間を有効に使い、できる準備は全てやっておきましょう。

塾長の私ができるのは、大阪天満宮で皆さんの合格をお祈りすることしかなく、あなたの尻を叩いてくれるのは、あなた自身しかいないのですから。


国試直前講習にご参加の方はこちら!!


入塾希望の方は────

以下のフォームに必要事項をご入力ください。

当塾スタッフがすぐにご連絡いたします。


合格者の声

K.Fさん

●塾に通って良かったところ

孤独を感じなかったところです。塾に行くと親身に教えてくれたり、相談に乗ってもらえ、時には笑顔になるような話をしてくださる先生方、同じ目標を持った生徒がいた事で孤独を感じず、前向きに国家試験勉強を出来ました。


●国家試験を受ける人へ

正直2月までは色々な我慢もあり、辛い日々が続くかもしれませんが、コツコツと勉強していると必ず身についています。日々の勉強し、たまには息抜きもして2月まで頑張ってください。


M.Oさん

●この塾に通って良かったところ

講義とグループワークの時間を週2日とっていて、学生同士で話し合いながら勉強を進めていけるので、苦手な科目も克服出来ました。また、先生たちも優しく、話しやすいため、相談なども気軽にできました。


●国家資格を受ける後輩へひと言メッセージ

一年間勉強するのは大変だと思いますが、まだ時間はあるので、焦らず進めていくのがいいと思います。頑張ってください!!

J.Oさん

分野ごとの講義では、オリジナル問題などで最後に確認することで理解を深めることができました。

講義で覚え切れていないところは付箋に書き分野ごとに分けることで見返しやすくして、覚えるようにしていました。

また、国試や模試の過去問をする講義では、様々な問題を解き、学生同士でお互いに解説することで深く学ぶことができました。

学校と違い少人数制なので、楽しく講義を聞くことができ、質問もいつでも出来るためここの塾に来れて本当に良かったと思います。


K.Sさん

僕は国試に2回落ちました。


それまでは国試の勉強の仕方が全くわかりませんでしたし、自信も失いかけていました。

そこでこの塾に入って、何回も本村先生や深水先生、本坊先生と面談をし、先生方が面談で話されたことを参考にして勉強していきました。


そのおかげでこの春からは理学療法士として臨床に立つことができました。

当塾は勉強面や就職活動で困ったときには、対面やSNSでいつでも相談できる、とてもいい塾だと思います。


皆さんも困ったときには、どんどん先生方に頼り、そして同じ塾生と励ましあいながら勉強を頑張ってください。


Y.Eさん

ネクストステージのカリキュラムは過去問をグループ学習するという方法が中心で、同期の知識を吸収する機会にもなり、同じ内容でも違う授業を受けてきた同期、違う本を読んだ同期がいるので、自分とは違う視点に立った意見を聞くことができます。
また、自分が知らない分野に詳しい同期がいれば、新たな知識を得るいい刺激になりますし、それについてもっと自分で勉強しようと思えば、どういう本を読めばいいかなどを教えて頂けますので、過去問を覚えてしまうくらい記憶が定着しました。
同時にモチベーションが上がるというのもあり、お互いがどこまで勉強したか示し合うことにもなるので、なかなか気が抜けませんでした。
ネクストステージの先生方は授業の要望をよく聞いて頂け、分からない所があれば丁寧に教えて頂けたり、要望に合う教材もすぐに提案して用意して頂けました。
先生方は話しやすく、楽しく勉強をすることができました。
このようなネクストステージのカリキュラムをきちんとこなしたことで合格到達レベルまで学力を伸ばすことができ、合格につながったと思います。
このような機会を頂けたネクストステージの先生方にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。

H.Aさん

学生の時から4回目でやっと合格ができました。
この塾には去年の5月からお世話になり塾生同士でのグループ学習、講師による講義の2つをメインに勉強してきました。
塾に参加するのは初めてで浪人生活で個人の勉強には限界を感じ塾を選びました。
この塾では経験豊富な先生方が多いという事だけでなく塾での講義以外の個人の勉強にも手助けをしてくれるサポートも他の塾にはない魅力の1つだと思います。
その他にも塾費が安く勉強時間も
週に2回、2-3時間の夕方からの短時間勉強という点も僕は仕事をしながらだったのですごく勉強しやすい塾かなと思いました。
正直いって長時間勉強は無理な方が多いと思います。
その中でも週2回短時間、集中力をあげて勉強する癖をつける事が1番大事なのかなとこの塾を通して感じました。
ですが塾を行ってたら必ず合格出来るなんて事はありません、必ず個人の学習も必要となってきます。
そこの勉強のサポートもこの塾の先生方に教えていただき今年合格する事ができました。
本当に約1年間この塾で教えていただいた先生方とこの塾には感謝しかありません。

国試塾ネクストステージ動画


講師紹介

塾長 井上篤史

なぜ既卒者の合格率が伸び悩むのか──?

それは、時間のアドバンテージが結果的に不利に働いているからです。

あり余る時間に慢心し、「明日からは本気でやろう」と、今日やらない自分を許してしまう。

毎日をそのように過ごしているうちに、漫然と過ごすことが日常になってしまい、年に一回のチャンスを逃し、その事実で、心がどんどん折れていくんです。

そうならないためにも、日々を漫然と過ごす自分と決別する必要がありますが、ただ頑張っていることに満足している自分とも決別しなければいけません。

この一年を、我々にあずけてみませんか?


【プロフィール】

平成4年、行岡医学技術専門学校卒業。

病院経験ののち、平成16~25年の9年間、教員として学生教育に従事する。


教育部長 深水康裕

教員退職後、担任クラスの国試浪人の学生達を対象に勉強会を開き、無事全員合格。この勉強会の経験から国試浪人となった学生が一人で学ぶことの難しさ、限界を痛感。

学生諸君にはネクストステージを学び合いの場として、自身の学ぶ力を入れ向上させる場として欲しいと願っています。


【プロフィール】

平成21年近畿リハビリテーション学院卒業。

介護老人福祉施設勤務後、平成25年から28年近畿リハビリテーション学院専任教員。教員として勤務する傍ら、佛教大学教育学部通信課程で学ぶ。


事務局長 本村清二

成し遂げんとした志を
ただ一回の敗北によって
捨ててはいけない。
(シェイクスピア)
理学療法士、作業療法士を目指す者にとって国家試験合格は大きな目標でもあり関門でもあります。養成校での勉強や臨床実習を乗り越えて、やっと卒業を迎えたとしても、国家試験に合格しないことには、PT、OTとして臨床で働くことができず、大きな夢をかなえることができません。
一人一人の能力に合わせた効率的な学習によって、より確実な結果を出し、そして夢を現実のものにしていきましょう!

【プロフィール】
昭和61年、国立療養所近畿中央病院附属リハビリテーション学院 理学療法学科卒業。
19年間の臨床経験のほか、13年間、理学療法士養成校にて学生指導のみならず、学科長などの立場から教員の育成に従事する。
現在は総合リハマネジメント研究所所長を務める。